FC2ブログ

夏期休診のお知らせ

どうも、院長です。

ご無沙汰すぎて、『長谷川、ブログやめるってよ』と小説のタイトルのようになっています・・・。
とにかく忙しくて忙しくて・・・。
お盆休みにPC持ち帰ってなんとかします。

さて、標記の件ですが、
11日(日)~15日(木)まで休診します。
16日(金)17日(土)は平常通りの診療となりますのでよろしくお願い致します。

平成最後の・・・

どうも、院長です。


平成最後の更新を(笑)
年号またがないように今年を振り返り。

新年は例年通り4日から診療開始。
連休前の12日(土)は診療後に執行部会。
翌日日曜日は長谷川家恒例遅めの初詣。
KIMG0370.jpg
今年も筑波山神社にお参り。
連休明けて15日(火)は診療後に理事会。
17日(水)は午後から水戸で国保組合の理事会。
翌週20日(日)は三師会のゴルフコンペ&合同新年会。
肘痛をおしてのゴルフは、選手になれず確か46・47とかそんな平凡なやつだったかな?
KIMG0372.jpg
合同新年会の余興には福島の高校生がフラダンスを披露してくれました。
続いて26日(土)診療後につくば歯科医師会の新年会。
締めのラーメン入れたら4次会?
これで怒濤の1月終了。

2月入って3日(日)は朝から水戸。
KIMG0373.jpg
毎年参加の茨城県歯科医学会。
女性歯科医会主催の講演会講師としてに東京歯科の先生(後輩)が来県していたので同窓会茨城県支部からの土産を同窓の先生に託して、あとは自分の時間。
今年は老年絡みのテーマが多かったのでそれをすべて聴講。
そして今年はなんとくじ引きで豪華賞品をゲット!
KIMG0376.jpg
いつも試供品のガムや歯磨剤位しかもらったことがなかったのでびっくりです。
水をいれてボタンを押すだけなので重宝しています。
6日(水)は休診して冷たい雨の中、市ヶ谷へ。
研修会の前に、都内開業の友人に教えてもらった日本歯科医師会館前の蕎麦屋へ。
KIMG0377.jpg
花花茶寮 天麩羅そば
ランチで混んでましたが、美味しいお蕎麦でした。
お腹を満たしてアルカディア市ヶ谷へ。
KIMG0378.jpg
全協の理事長・役員研修会に出席。
9日(土)は執行部会でしたが降雪のため直前でMLでのやりとりに変更。
連休明け12日(火)は理事会。
14日(水)はお昼休みに桜保健センターに行って1歳6ヶ月健診の当番を。
16日(土)は午前で私だけ診療を切り上げて水戸へ。
駅ビルで何か食べようと思っていたら工事中・・・。
中途半端な時間でどこもやってなくて何年ぶりかわかりませんがホーム内の立ち食いそばに。
KIMG0379.jpg
わさび菜入りかき揚げプラス月見
たまにはこういうのも懐かしくていいな。
このとき駅の中で写真を撮っている人がいろんな所にいて何を撮ってるのかと思ったら、
KIMG0382.jpg
こんな表示に変わっていました。
何だかね・・・。
でなんで水戸に行ったかというと、
KIMG0389.jpg
茨城県各歯科大学同窓会・校友会懇話会という、各大学の支部長・副支部長クラスが集まる会があり、今年は20年に一度の幹事が東京歯科大学に回ってきたのです。
当然庶務幹事の私が12月から歯科医師会長・連盟会長・各大学支部長との連絡を取りまとめ、ホテルと打ち合わせし、配布資料を作製・印刷し、さらには当日司会までやるというハードワーク。
これ一切無報酬だからねぇ・・・。
翌日17日(日)愛車を車検に。
なんと代車は軽。
排気量17分の2、馬力10分の1くらい・・・。
20日(水)は午後から水戸で国保組合の理事会。
これで怒濤の2月終了。
水戸3回都内1回。

3月入って7日(木)は休診して水戸で歯科医師国保組合の組合会。
10日(日)は診療室のクリーニング。
11日(月)執行部会。
12日(火)理事会。
15日(金)は休診して信濃町へ。
KIMG0393.jpgKIMG0394.jpg
例によって先に昼食を、去年も行ったうまやで。
KIMG0395.jpg
今回は今日の(今週の?)定食のハンバーグ。
美味しいランチでお腹を満たして明治記念館へ。
KIMG0396.jpg
今年はまぁまぁの天気。
KIMG0397.jpgKIMG0398.jpg
全協の総会に出席。
今年は拍子抜けするほど何も起こらず。
翌日16日(土)は少し早めに私だけ切り上げて水戸へ。
水戸TDC会という水戸近辺の東京歯科の先生たちの会に招待されて参加。
翌週20日(水)は午後水戸で国保組合の理事会。
雪はなんとか。
21日(木・祝)は歯科医師会の先生方と千代田カントリークラブでゴルフ。
積雪の影響でなんと遅めスタートのスルーに当日変更。
前半は悪くなかったものの、スルーは肘を休めて冷やす時間がない!
いつも昼に服用する鎮痛剤もロッカーに忘れて、後半目も当てられないほどにぼろぼろで95回。
生涯スルーではできない身体のままなのかなぁ・・・。
これで怒濤の3月終了。
水戸3回都内1回。

4月入って7日(日)は歯科医師会の先生方と霞ヶ浦国際ゴルフクラブへ。
本当は肘痛が酷く参加を控えたいところですが、9月に医局のコンペを茨城でやることになり、利便性の高いこのコースを予約したので詳細をコース担当者とつめるために参加。
前半ロングで2オンイーグルパット外しのタップインバーディーがピーク。
あとは痛みに負けて詳細忘れましたがトータル100ちょうど。
下手すぎっていうか痛すぎっていうか、くそゴルフ・・・。
翌日8日(月)執行部会。
9日(火)理事会。
この日は天気がよかったので九重小学校を。
KIMG0428.jpg
天候不順で寒暖差著しく、タイミングあるかなと思ってましたがなんとか満開を撮れました。
ちょうど入学式にばっちりでした。
翌週18日(木)は休診して朝から県立並木中等教育学校の歯科検診。
今回は中学生一部と高校生。
終わって午後から水戸で国保組合の理事会。
翌週25日(木)も休診して朝から県立並木中等教育学校の歯科検診。
今回は高校生の一部と中学生。
夜は水戸で大学同窓会茨城県支部の役員・幹事会。
連休初日(世間では2日目か)28日(日)は歯科医師会の先生方と千代田カントリーでゴルフ。
前半1バーディーあるのに44と苦しい展開でしたが午後は痛みが増しほとんどパーが拾えず52。
ゴルフ嫌いにはなりたくないんだけど・・・。
練習は嫌いだけどコース回るのは好きっていう人の気が知れないなあ。
ちゃんと練習してラウンドしたい。
というわけで2月3月に比べれば比較的ましな4月終了。
水戸2回。
でも、GW後半は6月1日総会の資料作りが待っている・・・。

いやぁ~なんとか振り返り。
ゴルフのスコアはさすがにうろ覚え(スコアカード引っ張り出りだせばいいんだけどね)。
忙しいとしても溜めるもんじゃないなぁ・・・。




GW

どうも、院長です。


またまた間があいていますが、年号またがないように(笑)

さて、賛否両論の10連休GWについて。
私の周りにはほぼ否定的意見しかなく、私もその一人。
どこ行っても混んでるし、生産と消費を考えたら、経済効果はむしろマイナスでは?
ぶっ通しで海外旅行でも行ければいいけど、それじゃあ旅行会社と航空各社にしか金落ちないしなぁ。

インフラ関係と観光地の人は連休なんて関係ないし、医療機関だって皆が休めるわけじゃない。
介護の現場なんて、みんな休んだらどうするの?
保育所は?
為替もね、想定外の事態に対応できない。
中高生は部活(先生も大変だよな・・・)だし、うれしいのは小学生くらいじゃないのかな?
休めばいいって訳じゃないんだよね。
個人事業主としては『10連休なんてばかばかしい』というのが本音。
天皇皇后両陛下と皇太子ご夫妻については全く否定するところはないんだけれども、国がね。
どうせ全部税金でやるんだから儀式は儀式で関係者だけにやってもらって、せめて世の中を無駄に巻き込むんじゃないよと。
ですが働いてくれてるスタッフにはなかなかない機会だし休みたいだろうなぁと思うところも。

というわけで、当院は4月30日(火)5月1日(水)17時までに短縮して診療をすることに。
常勤スタッフは休んでもらって、私と副院長、手伝いを買って出てくれたパートのスタッフ2名で。
お休みする年配の先生からは冗談で非国民といわれましたが(笑)退位即位は夜のニュースで観ますよ。
2日と残りの旗日は休診します。

12周年

どうも、院長です。


当院は本日12周年。
家族の理解とスタッフの支えに感謝して、13年目も一生懸命やっていきます。

今月は都内2回水戸3回と、診療室に不在のことが多くご迷惑をおかけしております。
もう、しばらくはこんな感じだと受け入れて頑張ります。

口腔がん

どうも、院長です。


調べてみたら今年初です。
PCが壊れていたわけでも何でもないのですが、とにかく忙しくて・・・。
振り返りは後日。


さて、タイトルですが、堀ちえみさんの告白で最近話題になり患者さんからも反響があるもので。

口腔粘膜疾患は基本的に歯科の範疇と認識していますが、口内炎、頬や舌の噛んだ痕や傷、やけど、ヘルペスやカンジダなどの感染症、唾液腺周りのトラブル、そして腫瘍(良性・悪性)と多岐にわたります。
人工物ではありませんので人それぞれ粘膜に色ムラがあったり、表面性状がちょっと違うところがあったりするわけですが、当院で定期健診にきちんといらしていただいている方は毎回口腔内写真を撮っているため以前の状態との比較ができますので、変化がなければそのまま様子をみていきます。
変化がある場合や、たとえばご本人がやけどしましたとおっしゃったところが次の健診でも同じようだったりしたときや、明らかに色性状がおかしいところができている場合は、信頼できる口腔外科にすぐに紹介させていただいています。
紹介先の霞ヶ浦医療センター歯科口腔外科の吉田先生は東京歯科大学卒後に慶応大学歯科口腔外科から都立病院を経て医長として赴任されており、同窓の同県人かつアメフト部の大先輩なのですが、親知らずなどの抜歯から悪性腫瘍まで迅速に対応してくれますので本当に頼りになる存在です。
感染性の粘膜疾患の場合そこで検査をして特定してもらえるし、腫瘍も手術・病理診をしてもらえます。
良性腫瘍でとる必要がない場合でも、それを専門の先生に診断してもらえれば安心できますからね。
腫瘍については、開院してから(もうすぐ12年)良性・悪性含め10例弱ありますので滅多にない話ではありません。
信頼できる口腔外科と連携を持ち、適切なタイミングで紹介できるかどうかが我々ジェネラルデンティスト(一般歯科医)に求められることだと思っています。

最後にくどくなりますが、我々は診なければ何もできません。
大事になる前に対応していくためには定期的に健診を受診することが重要です。