fc2ブログ

はせがわ日記

つくば市長谷川歯科医院のDr.ブログ

15周年

どうも、院長です。


先の福島沖地震で再び被災された方々が一日も早く平常の生活にお戻りになりますようお祈り致します。

さて本日、当院は無事15周年を迎えることができました。
家族とスタッフに感謝です。
COVID-19もおとなしくならず、再び地震が嫌な感じになってきて、非人道的共産主義国の暴挙による経済混乱もありますが、また1年頑張ります。

11年

どうも、院長です。

11年たちました。
被災地の復興には差があると思いますが、少しでも早く前に進みますように・・・。

今日は備品の点検。
缶詰がそろそろ入れ替え時。
缶入りのビスコやリッツがないので、缶入りはおせんべいだけだからバリエーション戻さないと。
長期保存水はまだまだ大丈夫。

未だ収まることのない中国発祥のCOVID-19に加えてロシアの蛮行により、また物流がおかしくなりそうです。
共産主義国と関わらずにやりくりできるように日本は変わらないといけないよなぁ。
エネルギー自給率は厳しいけど食料自給率は政策で何とかできないものか。
そして希少金属の高騰も工業のみならず歯科にとっても死活問題ですが、徐々に始まってきている保険診療でのメタルフリーの拡大が加速することを願います。

夏期休診のおしらせ

どうも、院長です。

茨城県も連日の200人超、つくばも今までに無いハイペースで増加していて、新株による感染拡大にうんざりする毎日。
自粛疲れもあるかと思いますが、どうか皆様引き続きお気をつけください。

当院は今週夏期休診に入ります。
9日(祝日)と10日を診療日として、11日(水)から15日(日)まで休診と致します。
16日(月)から通常どおり診療致します。
ご理解ご協力お願い致します。

14周年

どうも、院長です。

収まる気配のないCOVID19、オリンピックどうなるんでしょう?

感染対策が頭から離れない日々ですが、そんな中で当院は14周年を迎えました。
スタッフと家族のおかげで無事継続できていることに感謝です。

3.11

どうも、院長です。

コロナと仕事のことを考え続ける日々を送りながら、すっかりご無沙汰しております。

さて、今日は10年目の3.11でした。
あらためまして、なくなられた数多くの方々のご冥福をお祈りし、道半ばで未だに基の日常を取り戻せない多くの方々が一人でも早く一日でも早く復興できるようお祈り致します。
そして、地震や津波だけではありませんが、どうかすべての人がコロナ禍で被災することがありませんように。

今日は午前診療して午後は水戸で会議でしたので、14:46は常磐道を北上中でした。
最近では茨城でブルーシートのかかった家を目にすることはほとんどありませんが、東北のことをテレビや新聞で目にすると、やはりまだまだと強く感じます。
区切りではなくてただの数字ですから、もう10年、まだ10年、私にはどちらが正しい感覚なのかわかりませんが、とにかく一歩一歩確実に状況が改善していってほしい。

あの日、余震の続く中保育園に迎えに行った長女と信号が消えた道を実家まで迎えに行った次女は今度中3と小6。
雨に濡れさせないように抱え込みながらエレベーターの停止した駐車場の外階段を上がったこと、二人の食事のためにミネラルウォーターを毎日探し回ったことなど、鮮明に思い出すことができます。
もう10年か、と感じます。

先月の震度5弱の時は一人診療室で技工していて、始まりの感じがすごく嫌な感じだったのでガスバーナーを消して慌てて外に出ましたが、戻ると溶けた蝋が皿からほとんどこぼれて外で固まっていました。
毎回慌てすぎるのも良くないし、かといって揺れる前の地鳴りに慣れてしまってもいけないので難しいですが、少し気が引き締まる思いがしました。
メディアから、これはまだ東日本大震災の余震だと言われれば、まだ10年・・・。

ingではない『もう10年』に少し後ろめたさを感じる自分がいますが、忘れないことと怠らないことは継続を。

昨日は店舗総合保険の見直し、今日は診療室の保存水・非常食など備蓄の確認。