モナコGP

どうも、院長です。


アメリカのINDY500(モナコと同じになることが多いな…)、琢磨選手単独クラッシュで残念でした。
2位まで上がったのになぁ。
F1でぱっとしなかったA.ロッシ(ルーキー)に勝たれるとはね…

さて、モナコ

レインスタートから乾いていく難しいレースで、はらはらしながら最後まで観戦。
いやぁ~、レッドブル、くそ、最低!
そもそも最初ハミより先にピットはいるかね?
3位以下はあれだけぶっちぎってたんだからハミに対するトラックポジション重視でしょうに。
1周が短いんだからアンダーカットされそうになったら次のラップで入れればいいわけだし。
そしてあの最悪な二度目のピット
そもそもあの周はまだスリックよりインターミディエイトのほうがはるかに速かった。
挙句に呼んだもののタイヤ間違えてスーパーソフトが出ていないなんて…。
二戦連続チームによって優勝をつぶされたリカルドの心中は…。

ハミの優勝コメントむかついたなぁ…。


快挙!

どうも、院長です。

26日木曜日は、休診させていただいて県立並木中等教育学校の歯科検診に。
今回は中学生。ひどい子がぽつりぽつりといましたが、おおむね良好でした。
28日土曜日は、午前中休診させてもらって娘たちの運動会に。
前日の雨で土埃も立たず、曇り気味でいいコンディションでしたが、やはり昼ごろから暑かった…。
午後の部は家内に任せて、14時からの変則診療でした。

そして土曜の夜はモナコGPの予選でしたが、リカルドいいですねぇ!
前戦の解せない4位の鬱憤を晴らすためにも、勝っちゃえ!

でモナコ、前座レースのGP2で快挙が!

2016.05.29
【順位結果】伝統のモナコで松下信治が優勝!! GP2第2戦決勝レース2AUTOSPORTweb

 2016年GP2第2戦モナコ決勝レース2が28日に行われ、松下信治(ART)が優勝を飾った。

 松下は前日に行われた決勝レース1で予選12番手からスタートし、9位でフィニッシュしたが、7位のアントニオ・ジョビナッツィがシケインでコースオフしながら松下をブロックしていたことが審議対象となり、5秒加算ペナルティが科されて順位降格。ジョビナッツィは11位に順位を下げ、松下はひとつ順位を上げて8位のリザルトとなった。

 GP2の決勝レース2は、決勝レース1の8位からリバースグリッドでスタートを行うため、決勝レース1で8位になった松下はポールポジションからスタート。抜きどころの少ないモナコでは、予選のグリッドとスタートが勝負どころとなるだけに、松下にはとてつもなく大きな好運が舞い込んだ形となっていた。

 サポートレースを含め、伝統のモナコでポールポジションから日本人がスタートするのは始めて。そして、松下は見事、日本人として始めてF1開催週のモナコのレースで勝利を挙げ、ポール・トゥ・ウインを果たした。



リバースグリッドとはいえ、素晴らしい!
去年のチームメイトはチャンピオンになり卒業していきましたので、松下選手も今年は飛躍してほしいです

祝 復帰!

どうも、院長です。


昨夜も午前様で診療室にいたのですが、気がつけば雪!
その時間帯は大雪の雰囲気であわてて切り上げて帰りました。

途中でやんで今日は晴れましたので、診療室の雪かきは駐車場の輪留め周りだけで済みました。

本当は待ちに待ったこんなニュースが飛び込んできたので、ブログを書いてから帰るつもりだったのです。

速報】可夢偉F1復帰決定! ケータハム加入を正式発表
オートスポーツweb 1月21日(火)19時34分配信

 小林可夢偉のF1復帰が正式に決まった。昨年、F1で不在だった日本人ドライバーの勇姿が再び戻ってくる。

 待ちに待った可夢偉のF1復帰がようやく現実のものとなった。ケータハムF1チームは21日、2014年のレースドライバーとして小林可夢偉を起用することを正式に発表した。

 チームメイトは、2009年の全日本F3選手権チャンピオンでスウェーデン出身のGP2ドライバー、マーカス・エリクソンがF1初参戦を決め、昨年レースドライバーを務めたシャルル・ピックとギド・バン・デル・ガルデのふたりはシートを喪失。バン・デル・ガルデは、テスト兼リザーブドライバーとしてザウバーへの加入を決めている。

 チームはこの日、英リーフィールドのファクトリーでメディア懇親会を開き、可夢偉とエリクソンの新コンビを発表。リザーブドライバーとしてロビン・フラインスとアレクサンダー・ロッシの就任も発表された。

 これにより、2014年に参戦する全11チーム22名のドライバーが確定した。

 可夢偉の所属先となるケータハムは、日本でもお馴染みの格安航空会社「エアアジア」を所有するトニー・フェルナンデスが代表を務め(現在はその座を退いている)2010年から参戦。ただ、チームは過去4シーズンでいまだポイント獲得の経験がなく、昨年はコンストラクターズ選手権で最下位に終わっている。

[オートスポーツweb 2014年01月21日]



いやぁ、よかった。
欲を言えばもっといいチーム、となりますが、2013シーズンの浪人をふりかえるとF1サーカスの現場に居続けることの大切さは可夢偉選手もファンの皆様も感じていることでは。
フェラーリ(WEC参戦とF1シュミレーター作業)のオファーを断り無報酬で乗るみたいです。
下位チームですが、光るところを魅せまくって来年上位シートが獲得できるよう頑張ってほしいなぁ。

去年はF1観戦モチベーションがやや下がっていたので、今年はより楽しんで観れるかな

28日からのテストでどの辺のポジションにいるのか早く知りたいところです。


そういえば、NFLスーパーボウルのカードが決まりましたね。
ブロンコスVSシーホークス!

ブラディーとの対決を制したマニング兄!
本当はちょっとペイトリオッツがよかったのですが。
そして49ersを下してコマを進めたシーホークス!
僕らの現役時代はプレーオフに進むのすら厳しい球団でしたが、時の流れを感じます(それを言ったらペイトリオッツやセインツだってそうですけど)。

楽しみです!

快挙!

どうも、院長です。


月曜の朝から大興奮でした。

なんとINDY第3戦ロングビーチで佐藤琢磨選手が初優勝!
日本人が初挑戦してから24年、いままでアメリカンオープンホイールのトップクラスで日本人は勝ったことがありませんでした。
最近までいた武藤選手の2位、琢磨選手の2位が最高でした。

いやぁ、感動!

去年はppもとったしindy500では最終ラップまであんな感じでしたから、いつか勝ってほしいと思いながらも、不運につきまとわれているのはF1時代と一緒だなぁ…、なんて思っちゃったりして。

いやぁ、よかった。
これでランキング2位!
突っ走ってほしいですね


そうそう、日曜日のバーレーンGPもおもしろかったんですけどね、自分の中で話題食われちゃったかな(笑)

キミの最終スティントをあんなに長くした理由がわからんな。
フェラーリは速いと言われてながら二人とも不運でどん底。
ディレスタ惜しかったな…、よりによってRGにくわれるとは…。

受難…

どうも、院長です。



ヤングなでしこ負けちゃいましたねぇ。
やはりドイツは強かった。
でも、オリンピック明けの日本をだいぶ盛り上げてくれましたよね


さて、先週末は、長い夏休みを終えてF1が再開、ベルギーGPでした。
スパってやっぱり観ていて飽きないコースです。

さて、予選で驚きが!
なんと、我らが小林可夢偉選手が2位!
2004年の琢磨選手以来のフロントロー
もういやでも興奮が高まり決勝に過剰な期待を

で、決勝。
スタート!の前にフライングしているやつがいる…、またP.マルドナド…。
この人はほんとにお騒がせすぎる。
土曜の予選で他車の進路妨害で3グリッドダウンしてたんですが、決勝ではジャンプスタート&他車に強引に絡んでリタイヤで、次戦5×2の10グリッドダウン決定!
もうF1降りてGP2に戻してほしい
あらためましてスタート!
可夢偉選手蹴り出しが悪い!(クラッチトラブルみたい。ザウバーって…)
下がりながらも1コーナー(4位か5位かな)、すると後ろから宙を舞うマシンが降ってきて…最後尾へ
原因は、これまた大嫌いなR.グロージャンが後ろでむちゃくちゃやったせいで後ろがぐちゃぐちゃしながら止まれずに飛んできたわけです。
可夢偉選手、この後現場に散らかったデブリでパンクするし、サイドのパーツはどっかにいっちゃってるし、ほぼ終了、よく完走したなぁ…。
RG、次戦出場停止とのことですが、甘い
3戦くらい停止でもいいし、昔言いがかりのように井出選手が食らったスーパーライセンス剥奪でもいい。
12戦中7回他と絡んでる。
F3位のサイズの気分なのかな?
可夢偉選手も今年これで3回撃墜されています。
はぁ~

JB完勝おめでとうございます
またまたジェシカさん映りまくってましたね。


さて、アメリカでは琢磨選手も受難
7秒以上離してトップを快走していたのに、エンジントラブル…。
ホンダエンジン、今年はシボレーにやられっぱなしと言ってもいいほど酷いですね。
なんとかうまくかみ合わないもんかな。



話題かわって、そのアメリカではNFLが開幕!
今年はデンバーに移ったP.マニングがどこまで活躍するか注目かな。