つくば健康フェスタ

どうも、院長です。


鳥取地震、被災された方々に深くお見舞い申し上げます。
亡くなられた方がいないのが何よりですが、余震もあるようですし、避難されている方々が少しでも早く落ち着いてくるとよいのですが…。

そしてその前にはまた一つ悲しいニュースが。
平尾誠二さんが53歳の若さでお亡くなりになりました。
ちょうど私が高校でラグビーをやっているころに神戸製鋼や日本代表で大活躍していて、恰好よかったなぁ。
ご冥福をお祈りいたします。


さて、昨日は診療を少しだけ早く切り上げさせていただいて、筑波メディカルセンターへ。
19時からがん患者医科歯科連携事業のアドバンス講習を聴講してきました。
講師は、いつもお世話になっていてアメフト部の大先輩でもある国立霞ヶ浦医療センター歯科口腔外科部長の吉田俊一先生でした。
テーマは最近の顎骨壊死の背景の変化と展望。
骨粗鬆症やがんの骨転移の際に応用される薬剤によって、残念ながらある程度の割合で顎骨壊死が発症します。
抜歯手術後の治癒不全や、歯周病、根尖病巣周囲がら壊死を起こすこともあり、歯科医にとっては少々厄介な薬剤なのです。
初めてBP製剤による顎骨壊死が報告されてから13年ほどになりますが、だいぶ研究が進んできて歯科臨床での治療指針にも変化が。
服用期間・種類・病状による休薬の要否など、9月に発表されたばかりのポジションペーパーの内容に関して理解を深めることができました。

20時過ぎに終わったので、そこからジムにいってまた少々身体をいじめてから、診療室にもどって仕事を
1月の人間ドックの前に忘年会新年会シーズンを通過しなければならないので、早めに絞り切らないとなぁ…。


さてさて、今日・明日はつくばカピオでつくば健康フェスタです。
つくばカピオ&大清水公園でのつくば産業フェア&農産物フェア2016と併催です。
歯科医師会で今年もブースを出展します(明日23日のみ)。
内容は、歯周病簡易検査や位相差顕微鏡を用いた口腔内細菌の観察などです。
歯ブラシなどなどお配りしていますので、フェア・フェスタにいらっしゃるご予定があればぜひお立ち寄りください。
私もお手伝いにでています。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する